会話を盗聴されるのは不快|すぐに発見するコツ

男性

生活に潜むトラップ

虫眼鏡

盗聴器発見後はすぐに警察に届け、むやみに触らないようにすることが大切です。盗聴器は大きく分けて3つに分類され、電波式、電話回線式、録音式がありますが、どれかがある可能性を視野に入れて、専門業者にも相談してみるといいでしょう。

満足度が高い業者の選び方

男性

盗聴器調査は素人では用意できない高性能な発見器を使うプロに依頼した方が賢明です。スペクトラムアナライザーなどハイスペックな発見器を使っている業者は、高い調査力があります。アフターケアが充実した業者だと満足度が高いので、おすすめです。

盗聴器の被害が増加中

男女

盗聴調査を行う探偵社の中には、刑事経験のあるスタッフが対応する所もあります。こういった探偵社は調査力が高く、警察への通報まで立ち合ってもらえます。法律にも詳しく、常に適切な対処がとれるのが大きなメリットです。盗聴犯を見つける所までフォローしてもらえるとして、全国的な人気を誇ります。

話しを聞ける機械

スーツの女性

いろいろなタイプがある

その場に居なくても話し声などを聞くことができるようになるのが盗聴器です。盗聴器はあまり身近なものではないという方は多くいますが、年間に何十万台も世の中に出回り、そのうち数千台が自分で発見されたり専門の方によって発見されたりしています。アパートや貸家で生活している場合は前に住んでいた方が使用したものがそのままになっていることも多く、思いがけず盗聴器を発見するということがあります。現在販売されている盗聴器は、簡単に取り付けられるものや取り付けが少し難しくても一度取り付けるとなかなか発見されず半永久的に使用できるものまであります。さまざまなものがあり、使い方は使用する方によって良い使い方になる場合もあれば、悪い使い方になることもあります。

専門の方に依頼する

盗聴器はその場に居なくても話し声などを聞くことができる機械です。浮気の発見などのために使用することが多くありますが、他の誰かに話し声や話している内容を聞かれるというのは気持ちが良いものではありません。誰かに盗聴されている感じがしたり、家の外に車が長時間停まっていたり、固定電話にノイズが入ることが多くあるなどの異変を感じる場合は設置されている可能性があります。盗聴器はそれ自体から電波を発しているため、専門の機械を使い発見することが可能になります。しかし、知識のない方は見つけた場合の処理方法が分からないという事があるので、怖いと感じる場合は専門の方に依頼するのが一番の方法です。専門の方に依頼する時も資格を保有しているのか確認してから依頼するのがおすすめです。